カテゴリー「音楽」の記事

メモ : スマートフォンでのgoogle music用アプリなど

google music用アプリで右往左往していたため、取りあえず今の状況をまとめてみました。   
(下記内容は、12/16時点での最新バージョンでの状況です)

one iphoneで聴く

1. アプリ

以下の2つのアプリがオススメです。今なら、どちらも85円と安いです。

 

mzm.gufwtbae.175x175-75  gMusic : A Google Music player   

「オンラインで聴く分には」現状では最高のアプリと思います。「あれが聴きたい」と思ったときにインクリメントな絞り込み検索が出来るなどandroid版の純正アプリよりもUIがよくできています。

ただし、オフラインでの利用時に、以下の問題があります。

  • ダウンロード時に時々アプリが異常終了する
  • 30曲ほどダウンロード登録すると、一気に端末が重くなる。ボタンを押しても反応が全く無くなることも。
  • ダウンロードが正常に終わっているように見えるがデータが壊れているという事がある (曲にノイズが入るため、すぐ分かります)

個人的には、オフラインで聴くことが想定される場合は、下記の別アプリも併用して利用した方が良いと思います。

(1/7追記) アプリアップデートにより、イコライザ機能が搭載されました。ただし、上記不具合は変わらずの状況です。

mzm.korptbbm.175x175-75 GoMusic for Google Music   

gMusicと違って、曲データが壊れたり、異常終了で落ちたりすることがほぼありません。ただし、UIはgMusicと比較すると残念なレベルです。また、オフライン専用で使う場合、以下のことを考慮する必要があります。

  • 複数枚ディスクのアルバムの曲順が正常に認識されない
          
    再生曲順が Disk1の1曲目→Disk2の1曲目→Disk1の2曲目というような順序になります。 対処方法としては、Disk番号を使わずにTrack番号を連番でつなげるようにタグを書き換えた方が良いかも知れません
       
  • Artist検索にて、ALBUM ARTISTのタグの情報が反映されない 
  • アプリ起動時に「database_error」というエラーメッセージが出ることがある

    メッセージが表示されるだけで、放置しても問題無く利用できます



2. 自宅で聴くなら

AVアンプをDAC代わりに利用することをオススメします。ポータブルにこだわらなければ、中古なら2万以下で買えるものもあります*1。AVアンプでは、ポタアンではまだ提供されていることの少ない以下の様な便利が機能が提供されている機種が多いです。

  • AirPlayやUSB経由でデジタル接続が出来る
  • アンプ付属のリモコンでの曲送り・停止・再開の操作が可能。PC・iphone側からアンプの操作が可能
  • アンプの液晶に楽曲タイトルが表示出来る
  • アップサンプリング・圧縮音源の高音部補完・イコライザなど付いている(上記iOSアプリには、イコライザなどの音を調整する機能が無い)

なお、最初のセッティング時にはテレビがほぼ必要ですが、音楽を聴く際にはテレビも不要です。

ただし、AVアンプのメインアンプ部・ヘッドフォン端子に関しては、自分が試聴した上ではフラッグシップといえる機種を除いて、まだまだ満足出来る音質では無い状況です*2。プリアウト端子付きのAVアンプを購入し、後でメインアンプを交換出来るように対処できる逃げ道を用意した方が良いかと思います。



two Androidで聴く

google提供の純正アプリ以外使っていませんが、これで十分です。iphoneの上記アプリと比較すると、以下の長所があります。

  • 外部のイコライザ、音補完系のアプリが一緒に使える
  • 楽曲一覧の更新が自動でされる (androidのアカウント情報更新に連動している)
  • 音楽ダウンロードがアプリのバックグラウンド時でも可能
  • Web上の楽曲情報の表示と完全に一致 (小文字・大文字の扱いなどiphoneのアプリは微妙に差異が出る)
  • widgetや通知領域で楽曲情報の表示、停止や先送りが可能

アプリだけで言えば、android最高です .... が、音声出力がiphoneと比較してかなり貧弱という問題があります。

現状で音楽を聴く手段としては以下の中から選ぶことになりそうです。

  1. HDMI経由でAVアンプに接続して聴く*3
  2. アプリ側でオフラインとしてダウンロードしてから、SDカード経由で他DAPで聴く*4
  3. (aptXが使える場合) bluetooth経由で接続
  4. USB-DAC経由でアンプに接続して聴く
  5. SONYのウォークマン Zシリーズなど音に考慮したAndroid DAPを使う
  6. あきらめて、イヤホン端子を使う

aptXを利用する場合ですが、レシーバ側としては以下の安価な機器があります。出力もラインアウト相当なのでポタアン接続にもってこいです。

http://www.amazon.co.jp/dp/B0085HOM4K   
Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200X

どの接続方法が良いかというのは機種毎にかなり異なるため、じっくり調査が必要なのが邪魔くさいです。 (Head-FiやXDA Developersには各機種での試行結果が色々書かれています)   

今持っている機器にこだわらなければUSB-DACやaptXが使えるAndroid白ロムが5000円くらいで売ってたりしますし、そもそも中古のipod touchでも1万円以下でありますので、上流に金が異様にかかる可能性がある場合、全体を見直しした方が結局安く付くかもしれません。


*1 : 自宅ではHDMIのレシーバとしてVSA-LX53を使ってます。個人的には『プリアンプ専用として使うなら』、中古での値段も安く、かつアップスケーラなど映像系の機能も一通り揃っているためオススメです。   

*2 : 全然関係ないですが、8年前位のAVアンプVSA-AX10のヘッドフォン部分は、電源を120Vに昇圧した上でpureモードで利用するとかなり音がします。ただし、恐ろしいほど本体が熱くなります。また、1人で持つと腰にきます。(30kgくらい)

*3 : 自宅では当初au (sharp)のスマートフォンIS05を使ってましたが、HDMI経由だと出力時の音量が絞られています。いわゆる「ビットパーフェクト出力」では絶対無い状況です。
(1/7追記) なお、HDMIからS/PDIFに出力出来る小型機器が発売されたそうです。
http://www.tecnosite.co.jp/electronics/audio/hdmi/hdcom-001/
自分も注文して試してみようと思います。

*4 : /sdcard/Android/data/com.google.android.music/files/music にダウンロードしたmp3ファイルが格納されています。ただし、下記の通り、使い勝手は悪いです。
・ ファイル名がダウンロード順の通番に書き換えられている
・ ID3タグが消去されている

Sq.Ver.02-Bの件の続き

d6   

 

なお、先日書きました*1ポータブルオーディオの続きです。いろいろがんばったのですが、電波障害はあきらめました。というのも、

1. いくつか缶を購入して試したが、思ったほど効果が出なかった。 (上記写真の赤いのが、その残骸)   
2. うまくいったはずの大きなお菓子の缶で再度試したが、ごくたまにノイズを拾うときがある*2

1/5追記
電波障害がたぶん解決しました。下記のシートをアンプの基板の下面全部と上電池ボックス下に直接貼ると消えました。

http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0DKS

ただし、基板に直接貼ることになるのでメーカ保証が外れそうです。また、値段が高い .....


そこで別の対策として、Sq.Ver.02-Bを足下などWi-Fi系から遠くに置けるようにしました。以下の写真の様にAclear PortaとSq.Ver.02-Bの間のケーブルを長くしてます。Aclear Portaは、ジャケットのポケットに入れ、Sq.Ver.02-Bを入れたカバンを足下など遠くに置けるようにしました。

 

d7

ケーブルは、audio-technicaのAT645Lという延長ケーブル + オス-オスの直結型のコネクタを使ってます。(延長ケーブルを元々別の目的で買ったので、こういう組み合わせになってます)

audio-technicaのAT645L   
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001543924

オス-オスの直結型のコネクタ   
http://www.comon.co.jp/35S-MM.htm   
秋葉原のコンピュエースで購入。お値段190円。

音質は、少なくともAclear Porta付属ケーブルで接続するよりは確実に良いです。高音が微量な差ですが明らかにきれいな音がします*3

ちなみにずっと聴いていると、Sq.Ver.02-Bのホワイトノイズ*4とか気になってきますが、快適な音楽を聴く環境としては十分なので、ポータブル環境の整備はここまでにしておこうと思います。

 
 

*1 : 
Sq.Ver.02-Bの話を含めて → http://tm.txt-nifty.com/blog/2012/12/sqver02-b-7c42.html 

*2 :   
テストとして、東京メトロで大きな箱を持ちながら、ぐるぐる何周もしてました。ただ、ノイズは分かるのですがどういうときに発生するかパターンが読めませんでした。

*3 :   
音楽ケーブルについてですが、audio questのSnakeシリーズ以上は、正直善し悪しが全く分からなかった程度の耳しか持っていません。上記は、参考程度でお願いします。

*4 :   
イヤホン、ヘッドホンとして今実際に使っているのが4つあるのですが、ホワイトノイズとの関係は以下の通り。

・ audio-technica ATH-A9X (吸音材の改造済) : 32Ω, 103dB/mW   
・ ALESSANDRO MS-1 (HD414 イヤーパッド利用) : 32Ω, 100dB/mW   
→ 両方とも耳を澄ませば分かる程度。音楽を聴いている分には全く気にならないレベル。

・ AKG K313:32Ω, 112dB/mW   
→ ホワイトノイズは聞こえるが、全く目立たない。環境音の方が大きい。

・ shure e5c (リモールド済) : 110Ω, 122 dB/mW   
→ かなりホワイトノイズが目立つ。でも、ホワイトノイズが気になるレベルよりもSq.Ver.02-Bの音の良さの方が勝っていると思います。

外でのオーディオ環境 (Sq.Ver.02-B買いました)

最近、外に出る機会が多くなってきたため、外で使うオーディオ環境を整えました。   
現状が下記写真。全体として、安価なものでそろえています。   

 

sasw

 

ポータブルアンプとしては、先日発売されたSq.Ver.02-Bという機種を利用しています。
http://www.depcopper.com/

同価格帯の iBasso Audio A01, A02 や BuruTta BRT-PA1と比較すると、好みの音です。中・低・高音全てにメリハリが出て、音が聞きとりやすくなりました。また、メリハリといっても聞き疲れるようなギスギスした感じではありません。「外で良い音楽を聞き流す」というシチュエーションにはちょうど良い感じです。

ですが、この機種には、いくつか難点もあります。   
1つめが電波障害によるノイズ。

このアンプとWi-Fi (2.4GHz)や3G(au回線)で通信する機器の間隔が、30~40cm程度の距離内にあるとかなり大きな雑音が入ります。電車内では、隣に座っている人のスマートフォンで雑音が入ることがあるため、そのままでは電車内での利用は難しい状況です。
暫定処置として、アルミ箔をアンプ全体に巻いています。ただし、対処しても10cm程度まで近づけると、やはり盛大なノイズが発生します。また、この対策は、音に悪い意味でかなり影響します。なお、Wi-Fiと周波数が近いはずのBluetoothの通信では、雑音が皆無です。

12/6追記 : たまたま貰ったお菓子がブリキの缶に入っていたので、その缶にアンプを入れてみました。結果、見事にノイズが消せました。ちょっと、フィットしそうなブリキ缶でも探してみます。
→ 上記でもうまくいかないことがありました。新しく記事を書きました。
http://tm.txt-nifty.com/blog/2012/12/sqver02-b-3571.html

あともう1つは、電池交換がちょっとし辛いこと。

電池切れ数時間前の段階で、徐々に音質が劣化し始めます。電池切れ前に、先だって充電すれば対処可能ですが、アンプ本体に過充電保護機能がないためその対策が取れない状況です。そのため、別に充電池を用意し、音が劣化しだしたら、充電池を交換することで対策しています。ただし、電池交換時にプラスドライバが必要なため、外での電池交換は場所を選びます。

上記難点を除けば、この価格としては、かなり良い音がすると思います。   
正直、買って良かったと感じています。

新しいイヤホン (AKG K313) を買いました

20121201   
今まで使っていたカナルイヤホン(shure e5c)をカスタムIEM化することにしました。カスタムIEM化した場合一番困るのは、環境音がほとんど聞こえなくなること。そのため、歩行時用に別にイヤホンを買うことにしました。

「環境音が聞こえる」ことが前提なので、オープン型ヘッドホンかインナーイヤー型に選択肢が絞られますが、荷物を増やしたくないため、インナーイヤー型イヤホンにしました。

他、「外の音が十分聞こえる」「気持ちいい音がする」「低音もきちんと聞ける」といった要件でいくつか試聴しながら機種を絞ったところ、要件を満たすイヤホンはAKGのK313と、final audio designのPiano Forte IIしかありませんでした。

その中から高音部の鳴りの好みでK313を購入することに ... しかし、見た目がオレンジ色のタイプしか在庫が無かったため、グリーン色のタイプをsoundhouseから通販で購入。

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=117%5EK313GH%5E%5E   

しかし、グリーン色のイヤホンに、標準の黄色のイヤーキャップはかなり見た目が悪いです。そのため、使い勝手も考えて以下の小道具をヨドバシで購入しました。

・ ミドリ色のイヤーキャップ
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001000728926

・ 服のクリップ
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001462430

・ イヤホンケーブルを束ねる緑色のモール
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001383178


(写真写りが悪いですが) 見た目も全体的に良い感じになりました。また、3日ほど慣らしっぱなしで放置しておいた結果、2000円とは思えないほどいい音が出るようになりました。
買って満足しています。

メモ : google music向け変換設定

各音楽の保管場所からgoogle music 向けにエクスポート/インポートする際のTipsをまとめておきます。


・ moraで購入した音楽のインポート

1. 拡張子をmp4からm4aに変更する
2. Windows上でツール「STE」を使って、「年号」タグを追記する
3. Music managerでアップロード

・ iTunes Storeで購入した音楽のインポート

1. Windows上でツール「STE」を使って、アルバムタイトルの語尾から「 - EP」「 - Single」を削除する
2. Music managerでアップロード

・ CDからのインポート

Exact Audio Copy(EAC)を利用して、mp3に変換する。EACの設定は以下の通り。

1. EACオプション

  • ファイル名を「%tracknr2% %title%」に設定
  • 「ノーマライズ」をOFF
  • 「取り込み終了時にCDを取り出す」をON

2. ドライブオプション

  • 「セキュアモード」、「ドライブがC2エラー情報を検出できる」に設定

3. エンコードオプション

  • エンコーダ別パラメータを「ユーザ定義」にする
  • コマンドラインオプションを「-q 0 -b 320 --priority 4 -S --replaygain-accurate --clipdetect %source% %dest%」にする   
  • 「エンコードが終了したらWAVファイルを削除」をON
  • 「ID3タグを追加」をON
  • 「ID3 V2タグに xx/xxの様なトラック番号の形式を使用する」をON
  • 「ID3 V2タグをUTF-16で書き込む」をON
  • 「ID3 V2タグにジャケット画像を追加する」をON

4. メタデータオプション

  • freedbを http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi にする
  • 存在しなかったタイトルはサーバに送信する

・ apple lossless (ALAC)、Monkey's Audio (APE) からのインポート

xrecode IIを利用して、mp3に変換する。xrecode IIの設定は以下の通り。

1. MP3設定

  • lameのパラメータを手動にして「-q 0 -b 320 --replaygain-accurate --clipdetect」にする
  • 「ID3V1を作成」をOFF

2. オプション設定

  • 「メタデータ」→「ID3v2にISO-8859-1を使用」をOFF
  • 「メタデータ」→「リプレイゲイン」をOFF
  • 「並列処理」は、core数 - 1に設定
 

・ Music managerで転送後の作業

時々アップロードに失敗する事がある。そのため、アップロードした曲数とgoogle musicのWeb画面でのアップロード局数が一致していることを確認する。
また、曲を検索しやすくするため、一部のタイトルを以下の様に修正する。

1. コンピレーション系のアルバムは、google musicのWeb画面から「ALBUM ARTIST」欄に「Various Artist」を追記する
2. 英会話に関するCDはジャンルを「English」に統一する
3. 日本語アーティスト名については、アーティスト性・名の間の空欄を削除する

APE(Monkey's Audio) から MP3への変換

~ google music向け~

最近は高音質で聴きたいもの以外は、全てGoogle musicに移行しています。自宅でも「ipodデジタル接続に対応したAVアンプ」 + 「古いiphone」 + 「google music対応アプリ」を使えば、快適な音楽環境が構築できるので、オススメです。

自分の場合、これまでAPE形式で音楽を管理していたため、直接google musicに音楽をインポートする事ができませんでした。

そこで、色々検討した結果、以下の方法で移行することにしました。

変換に際して、考慮すべき事

  • タグの変換が必要。ID3v2 + UTF-16 タグで記載する必要がある
  • 変換フォーマットは、google music上の最高音質である MP3 320kbpsにする

変換手順

  1. えこでこツールでMP3形式に変換    
    http://sourceforge.jp/projects/ecodecotool/      
          
    出力は、mp3(Fraunhofer) / CBR / 320kbpsに設定する
  2.    
  3. STE + Excelでタグの情報を移行する
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA012911/STEP/step.html      
          
    えこでこツールでは、タグが変換されないため、手動でタグをコピーする。
    なお、重要なタグは「トラック名」「アーティスト名」「アルバム名」「年号」「ジャンル」となります。
          
    1) STEで変換前のAPEファイルを読み込む
    2) STEの表全体をコピーして、Excelに貼り付ける
    3) STEで変換後のMP3ファイルを読み込む      
    4) Excelの表全体をコピーして、STEに貼り付ける
    5) 保存      
  4.    
  5. UTF-16タグに変換    
          
    2. からSTE上でそのまま操作を続行続行します。
          
    1) Ctrl + Aキーでファイルを全て選択し、右クリックメニューから「ID3v2形式に変換」を選択      
    2) Ctrl + Aキーでファイルを全て選択し、右クリックメニューから「ID3v2バージョン/文字エンコードの変換」を選択

    ダイアログで以下を指定する
    ・ バージョン : v2.3      
    ・ 文字エンコード : UTF-16      
  6.    
  7. ID3v1タグを削除    
    http://kura.sytes.net/software/multimedia-tag-remover.html      
    MP3 (ID3v1) チェックボックス以外をOFFにして、「処理開始」ボタンをクリック      
  8.    
  9. Music Managerでインポート

その他のカテゴリー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ついったー

無料ブログはココログ